鐔 : 尾府住 則亮作・江戸後期 ( 天保頃 )

鐔 : 尾府住 則亮作・江戸後期 ( 天保頃 ) / 波動図 / 鉄地、角入り長丸形、丸耳 / 未鑑定

寸法 :
縦、7.45cm
横、6.42cm
元重、0.44cm
重量、95g
鑑定、未鑑定 ( 保障、保存刀装具 )
附属品、木箱

特徴 :
則亮作、丹後氏。治平、治平郎、次郎右衛門という。天明二年生まれ、嘉永五年四月十七日没、71歳。尾張徳川家の御用を勤め、俳名を古鉄庵乙宜と名乗る。良工。
感想:
縦横、猪目透彫で彫口が丁寧で繊細、器用な鐔工の作品です。江戸後期作でも前半、状態は良い方です。全体は浅目。尾張金工。
価格 20万(税込)