刀 : 大和大掾藤原正則・初代(越前国・江戸初期)

刀 : 大和大掾藤原正則・初代(越前国・江戸初期) / 長さ、二尺三寸六分半 / 反り、五分五厘 / 目釘穴1 / 刃文、浅い湾たれ、小互の目に沸口深く付く、矢筈交じり、二重刃、砂流し / 板目に杢目交え、潤む / 彫り(棒樋丸留め)/ 元・先幅ある健全な体配 / 拵(つば、平安城)黒漆塗鞘打刀拵 / 特保 / 140万(税込)