短刀 : 帝国技藝員宮本包則八十四歳作

短刀 : 帝国技藝員宮本包則八十四歳作 天覧大正二年四月

長さ 24.2cm
反り 0.2cm
目釘孔 1個
元重ね 0.9cm
元幅 2.75cm
重量 250g
白鞘 / 未鑑定 / 彫入(六歌仙)


宮本志賀彦 /横山祐包門 (明治―東京)
明治39年帝国技藝員(人間国宝)に任ぜられる。
慶応二年に能登守を受領、大正15年没、97才。

説明 :
本作は平造り、直刃、小板目詰んで淡い小糠肌。重ね厚く、庵棟、フクラやや枯れた体配。
鍛え割れ、刃文は匂い口も均等に沸粒は大小と細かくも綺麗である。更に深く斑なく焼きが入る高い技術を発揮した作品です。
大変、貴重な彫刻がある作品です。六歌仙図彫。
売却済
※ 白鞘が古くなりますので、新規白鞘代金を含めてのご案内です。(水牛角部品可)
工作には注文後、約1か月以内。