刀 : 藤原是一精鍛・裏 文久二年八月日 新々刀 上久々作 重要刀剣第12回

刀 : 藤原是一精鍛・裏 文久二年八月日 新々刀 上久々作 重要刀剣第12回 /
所載 寒山刀剣講座三巻、江戸新刀名作集、刀剣と歴史745号 / 同工 重要刀剣指定 第一号目の一振 / 白鞘 / 備前伝の丁子傑作を焼いた最高傑作

寸法: 全て約
長さ 二尺三寸五分
反り 五分
先幅 2.26cm
元幅 3.16cm
元重ね 0.72cm
重量(ハバキなし)910g

特徴 :
本造庵棟、
地鉄 小板目よくつみ、地沸つく
刃文 丁子に互の目交じり、足よく入り、匂深く匂口よく冴え僅かに砂流しかかる。
帽子、中切っ先、湾たれて先尖りこころに小丸となる。
茎 生茎、先栗尻、鑢目大筋違、化粧かかり、目釘孔一。
彫、なし

説明:
七代目、江戸石堂。文政三年一月二十四日生、政太助のち助三郎。長運斎綱俊の次男(甥ともいう)、六代目の石堂是一の養子となり天保十二年十二月家督。麻布北新門前に住す。
運寿斎と号し、明治二年龍泉斎と改める。明治二十四年十一月二十四日没、72才。
一代限り五人扶持。
凛とした直刃、湾タレも力溢れており、見事に焼くが、備前伝の丁子、小沸出来を得意とした是一の作品は評価、人気が高い。石堂家中興の名手。
オーストリア、ウィーンで明治六年に開かれた万国博覧会に工芸品として
栗原信秀(三十八両三分、彫入り)石堂是一(三十一両)、固山宗次(二十七両)が選ばれ、二振りづつ製作している(信秀の研究より)。
当時、本国の威信を賭けて製作した三名中、一人という功績がある。

価格 : 600万(税込)

脇指 : 備前国住長船次郎左衛門尉勝光・永正十二年八月吉日 大業物

脇指 : 備前国住長船次郎左衛門尉勝光・永正十二年八月吉日 大業物 / 長さ 一尺九寸五分強 / 元幅 2.9cm / 先幅 2.1cm / 元重0.68cm / 反り 七分 / 地鉄 小板目に杢目、地沸映り、折り返し良く詰む、精良な地鉄 / 刃文 複式互の目、小沸付く、足入り、砂流し盛ん、葉付く / 生茎、穴1個 / 棒樋丸止 / 打刀拵(半太刀風)、肥後鍔(木瓜形)、肥後象巌金具、松葉散茶色溜塗鞘 、革巻柄糸 / 特保 / 甲牛霜月 深山邊先生 鞘書 / 片手打ち同工傑作 / 350万(税込)

脇指 : 相州住綱広 (三代)

脇指 : 相州住綱広 (三代) / 長さ 一尺三寸 / 反り 0.7cm / 元幅3.3cm 重ね0.66cm / 目釘孔1個 / 地鉄 板目肌立つ/ 三つ棟高い / 刃文 皆焼き / 二重ハバキ / 白鞘 / 特保 / 90万(税込)
郷土 相州物(神奈川)代表工、圧倒的地名度の刀銘

つば : 古赤坂 無銘(忠正・二代) / 菊桐巴透図 / 保存

つば : 古赤坂 無銘(忠正・二代) / 菊桐巴透図 / 保存


画題 : 菊桐巴透鐔 無銘 二代 忠正
丸形、鉄槌目地、地透、毛彫、丸耳、両櫃仕立(赤銅責金)
寸法 : (約)縦幅7.84cm×横幅7.72cm×重ね0.64cm×重量128g

説明:刀・長脇指サイズ、重ねがあり太く透かした二つ巴の曲線が力強い。
画題の上に「菊花」、下には「桐」。菊花は皇室の紋であり、桐は鳳凰が止まる木、巴は神紋、寺紋、家紋と用いられるものですが、家紋図ではない配置を考案した図と感じました。

価格 : 40万(税込)

日本刀・脇差・短刀から、刀装具まで、お気軽にご相談ください