「刀」カテゴリーアーカイブ

刀 : 無銘(多々良長幸)天和―摂津 (大業物)

刀 : 無銘(多々良長幸)天和―摂津 (大業物) / 保存 / 打刀拵

長さ 二尺一寸三分強
反り六分
目釘孔 2個

刃文 石堂一文字風、大房丁子を焼き華やか、足、葉入り、冴える
地鉄 地沸付く、小板目詰んで冴える、段映り、
切っ先、乱れ込んで先尖り返る


説明 :
大坂石堂、多々良四郎兵衛。本国紀伊。河内守康永門人。大業物
無銘の極めになりますが、長幸の特徴と共通し鑑定された納得できる一振りです。
茶色塗鞘打刀拵 / 鍔(赤銅地、松葉の金色絵)

価格 :110万(税込)

刀 : 大和大掾藤原正則・初代(越前国・江戸初期)

刀 : 大和大掾藤原正則・初代(越前国・江戸初期) / 長さ、二尺三寸六分半 / 反り、五分五厘 / 目釘穴1 / 刃文、浅い湾たれ、小互の目に沸口深く付く、矢筈交じり、二重刃、砂流し / 板目に杢目交え、潤む / 彫り(棒樋丸留め)/ 元・先幅ある健全な体配 / 拵(つば、平安城)黒漆塗鞘打刀拵 / 特保 / 140万(税込)